通販型自動車保険

よろしく!

「自動車保険通販|ネットで有った落とし穴…。2種類に分かれる任意保険!」に来てくれて有難うね!
このサイトは私が経験した事で、自動車保険を切り替えた時の失敗や、後でこうしたら良かったな!
思ったこと、勉強になったことをまとめて、どうしたら良かったのかを紹介したいと思うんだ!
素人が勉強して得た体験談だけど、少しでも皆のためになれば良いと思うからゆっくりしていってね!

 

自動車保険を通販で契約する時に気をつけることは3つ
@安いからといって値段だけで選ばない!
A契約者のためになる自動車保険って?
B保険料が無駄になる特約は付けない!(最低限の内容は?)

▼あなたの車のメーカーは?ヘルプ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

自動車保険は2種類ある。

 

 

 

自動車保険は自賠責保険、任意保険と有ります
この任意保険大きく分けて
2種類に分かれているって知っていましたか?

 

通販型の自動車保険
代理店型のダイレクト自動車保険

ですね!

 

この2つの保険は同じ自動車保険何だけども、大きな違いがあるんです。


 

@任意保険、通販型と代理店型は違う。

 

通販型の自動車保険と、代理店型の自動車保険、実はサービスがかなり違います。

 

簡単に特徴を言うと!

 

通販型ダイレクト保険は契約者が自分で保険内容を選んで、保険会社と直接取引するんだ!

 

代理店型の自動車保険は営業さんが付いてくれて、マンツーマンでケアしてくれるんです!


万が一の時の補償は契約時の加入内容で決まるから、同じ条件ならどちらかが不利な対応で、イザという時に困ってしまうなんてことは全くないんです。
でも、代理店型の自動車保険の営業マンが担当で付いてくれる安心感は、イザという時にとっても安心できる材料でも有るのはたし感だ!
その分保険料が高いのが実際のところなんだけど、心配だったら代理店型の保険を選んでもいいと思うんだ!
大きなポイントは、保険料とサービスの部分何だ!
このサービス、命に関わる自動車保険では大きな差になってくるのです。

 

A通販型と代理店型のメリット・デメリット。

 

そもそも通販型の保険でも「代理店型」って有るんです。

 

通販で契約できるという意味ではなくて、代理店を通すのか、ダイレクトに保険会社と契約するのか?の2つに成るんです。
ですので
「代理店型の自動車保険」「ダイレクト型自動車保険」の2つに別れるんです!

 

ではこの2種類の保険のメリット・デメリットは何でしょう?


通販型の自動車保険の特徴

 

は何と言っても安いんです。徹底的なシステム化とコストダウンで代理店マージンもカットしているので圧倒的に価格を抑えることができているんです。
代理店型に比べ2割程安くなっています。
自動車保険の通販型は万が一事故を起こしてしまった時に、基本的に電話対応になリます。
補償は間違いなくしてくれますが、現場に担当者が駆けつけて処理を引き継いではくれません。
事故処理は自分でするのですが、その分ロードサービスが充実しているのが特徴ですね!

 

代理店型自動車保険の特徴

 

代理店の営業担当者がマンツーマンで付いてくれるので、イザ事故にあってしまったら即座に担当者に電話をすれば現場まで駆けつけてくれます。
事故直後の現場での対応もやってくれるので他変な時こそ安心できるのです。
また、保険の更新の時期になると親切に契約内容の相談も乗ってくれますね!

 

 

通販型自動車保険の特徴をもう少し

通販型自動車保険の特徴といえば、まずは代理店型のように店舗を持っていないという点が挙げられます。
そのため実際に直接保険会社側の人と会って、対面での契約を行うということはなく、インターネットなどを介して申し込みや見積もり、さらには契約までの一連の手続きを済ませることになります。

 

したがって逐一保障内容の説明などを受けることはできませんので、自分でしっかり保障内容を隅々まで把握しておく必要があります。いざ実際に保険を利用しなければならないような事態になった時に、自分が思っていた保障内容とは違っていた、なんていうのでは笑い話にもなりませんので、きちんと契約内容等を読んでおきましょう。

 

またもうひとつの特徴として、対人での相談ではありませんので、比較検討を気兼ねなく行えるという点があります。
代理店型自動車保険を選ぶ場合は、当然代理店の人と相談しつつ検討することになりますから、どうしても多少なりとも気兼ねしてしまい、複数の保険会社を比較してみるという行為が難しくなりがちです。

 

その点通販型であればインターネットから簡単に見積もりを依頼することができますし、見積もり金額の提示もスピーディーですから、思う存分複数社を比較して、保障内容と保険料の兼ね合いなどを検討しながら選ぶことができるのです。

 

保険加入完了までのスピードが早いのも特徴のひとつです。
保険会社にもよりますが、早いところならば夕方以降に申し込んでも、翌日の午前0時から保険適用となる場合もあります。

 

また自宅で簡単に手続きができるのも特徴のひとつでしょう。

 

 

Bどういう人にどちらがおすすめ?

 

ではどういった人がどちらの保険に適しているのか?

 

こう言った人はこの保険は辞めたほうが良いのか?

 

チョット説明してみるね!

 

せっかく安く加入できたのに、イザという時に補償が足りないなんてことや、必要のない補償で無駄な保険料を払うなんてことも割けるようにしてくださいね!


ダイレクト型をオススメする人

 

  • @価格重視で考える方
  • A週末ドライバーなど、車の使用頻度が高くない人
  • Bゴールド免許で事故率が低い人
  • C30代40代の人は比較的安くなります。

 

代理店型をおすすめする人
  • @通勤で毎日車を運転する人
  • A10代など若い方はこちらのほうが安いことも。
  • B保険の使用度が比較的高く等級が下がっている方

 

 

 

保険は基本的に1年契約です!
ですので一年に一度、見積りを取ってみて、この価格の確認比較をする事をおすすめします!

 

比較して今の保険が高かったとしても、納得できるようでしたら、その分が安心料なんだと確認出来ますからね。

 

その時に、高いと感じる方には自動車保険を通販型に切り替えればいいのではないでしょうか?


ネットで簡単に自動車保険を契約できるのです。

 

自動車保険の更新というと、損害保険を取り扱っている事務所に行くか、セールスの方がやってきていちいち内容を確認して書面に署名・捺印をしてと面倒だと感じている人もいるかと思います。

 

しかし、今の時代、このようなやり方で自動車保険の契約をする人は少なくなってきています。ではどのようにして契約をしているのかというと、インターネットを使用して行うんです。


しかもネットで探す自動車保険は安い!

自動車保険会社の中には、ダイレクト型と呼ばれている保険もあり、このダイレクト型の場合には、保険会社と直接契約をすることが出来ます。

 

自分の情報や自動車の情報、保険契約の内容などをインターネット上でキーボードで入力したり、選択肢を選ぶと言った方法で入力して行き、最終的にはクレジットカードで決済をしたり、後日払込用紙が送られてきて、銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどで支払いをするだけで自動車保険に加入することが出来る仕組みです。

 

人件費が少なくて済むために、コストがかからずその分を加入者に還元してくれるために、インターネットで加入することができる自動車保険は安く加入することが出来るんですよ。

通販型自動車保険の安い本当のわけ

 

通販型自動車保険が安い理由は、代理店を置かない事、補償内容がコンパクトな事が挙げられますが、実はそれだけではないのです。
ネットで一括通販型の自動車保険を申し込んだ事がある人は知っているかもしれませんが、最初の条件項目の中で事故歴ありを選択すると、見積もり可能な保険会社は数社しか出てこないのです。


こんな人におすすめ!

事故をあまり起こさない人(等級の高い人)

これに対して事故歴無しにすると、そのサイトの登録会社全部から見積もりが届きます。
つまり、通販型自動車保険を取り扱う保険会社は極力事故を起こさない優良な契約者しか求めていないという事なのです。
こうすれば保険金支払いも減り、会社利益に繋がりますから、保険金額を安くする事が可能になるのです。
ですから、事故を起こした事が無いというような人には通販型保険は安くてお得という事になりますね。

 

事故歴の有る人は?

かと言って事故歴が有って、等級も低くなってしまっている人にほおすすめできないのかというとそういうわけでも有りません。

 

そこはネットの世界、どんな人にもマッチした保険会社を見つけて紹介してくれるのです。

 

そもそも保険会社の保険料は等級・車種・年齢によって決まりますので、
移ったからと言ってデメリットになるようなことは有りませんし、戻ることも出来ます。

最安値を探す人
充実保障を探す人

全ての条件を比べることが出来るのです。

 

何はともあれ、一度見積もりをとってみることですね!

ズバット!